スローにのんびりと・・・
ビジュアル・ブックマーク そんな感じです。
プロフィール

デルソル

Author:デルソル
とりあえず、始めてみました。気になるものをビジュアルブックマークしていこうと思ってます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



タグリスト

XQ2 touit12 XF60 X-M1 XC16-50 DA35 DA15 K-5 272E DA18-135 Σ10-20 Σ105 F85 Σ50-150 S120 toit12 XC50-230 X-A1 VK50R DA10-17 XF35 X-E1 toiut12 E-E1 DA55-300 Samyang14 AT-X116 5DmarkⅡ Σ20/1.4 X7 samyang12 Σ4.5 EOSM kenko45 DA35 アポラン90 Σ24 X50 MADOKA NEX-5R Sanmyang8 PL6 WG-1 Σ150 172E F300 Σ20 DA21 5D2 Samyang24 S5 VR18-200 Samyang8 DP1x samyang14 WX5 AF60 VR70-300 S95 FA50 Σ17-70os DA16-45 K-x D40 kenko35 VR55-200 Σ18-200 FA31 K200D 52B kenko85 WPi S90 DA18-55 FA35 AF-S18-70 V570 GX8 DX10.5 DX18-55 A09 AT-X124 E-330 istD F70-210 EBC55 VK70R A16 Z2 W5 リケノン45 Σ180 ATX-124 Σ70-300 E550 M40 AF-S80-200 S3 F30 Σ28-200 Σ100-300 Σ70-200 K100D Σ55-200 FA50/1.4 S2 Z3 Σ18-50 FA28 



FC2カウンター



山上の湿原へ
山上の湿原へ
今年も 泣き言を言いながら、2時間登りました。
B170620 1328 K5
(K-5+Σ10-20)

今年の田代山は きつかった。
と、毎年言っているような気がしないでもありませんが、
今年は途中で引き返そうかと思ったほどにきつかった。

途中の小田代で 30分ほど休憩して なんとか動けるように
なったので、山頂まで行けましたけど。





体力的には、昨年よりは復活しているはずなんだけど
復活より年齢的な降下の方が効果的ってこと?
B170620 1413 K5
(K-5+Σ10-20)

それでも 上でこんな景色が待っているとなれば
頑張れるのです。
雪を被った 会津駒がキレイだ。

山の花は 例年より10日ほど遅れているって話なので
ちょうど花盛りでした。

ピンクのヒメシャクナゲ
B170620 1249 K5

濃いピンクのイワカガミ
B170620 1451 K5

ムラサキのタテヤマリンドウ
B170620 1250 K5
(3枚 K-5+Σ105)

どれもいっぱい咲いていましたが、一番目立っていたのは
白い花びらに黄色いシベのチングルマ
B170620 1368 K5
(K-5+Σ10-20)

すーっと伸びた木道の向こうに会津駒
いいぞー。向こうまで歩いて行きたいぞー(無理だけど)

B170620 1717 K5
(K-5+DA18-135)
元々 ここのチングルマのお花畑は有名なのですが、
こんなにいっぱい咲いていたのかと、ちょっとびっくり。
例年上がってくる頃には 花が終わって花穂になりつつあるので
こんなに目立たなかったなぁ。

あと、田代で忘れてはいけないワタスゲ
B170620 1518 K5
(K-5+DA18-135)
数はそこそこなのですが、ちょっと小さい?
時期が早いことになるから、ここから育つのかな?

B170620 1550 K5
(K-5+Σ105)
小さいながらも そのぽあぽあは堪能できたので
いいのだ。

あと、山上の湿原から少し足を延ばして
オサバグサを見にいくも、例年咲いている所には
オサバの葉っぱはあるんだけど、花は全くなし。
周りには残雪も残っていたので、まだこれからって
ことなのでしょう。

少し下ってみたところ、小さいながらも咲いている
オサバグサを発見。

B170620 1621 K5
(K-5+Σ105)
いつもながら 可憐な花です。

さて、あとは、湿原に戻って下るだけ。
って、この下りがまたキツイんです。
登山口に戻るころには 膝がガクガクになってます。

心地良い疲労なんてもんじゃなく 疲労困憊です。
それでも また時期が来れば 登りたくなるんですよね。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://delsol1991.blog35.fc2.com/tb.php/687-a8519b1b