スローにのんびりと・・・
ビジュアル・ブックマーク そんな感じです。
プロフィール

デルソル

Author:デルソル
とりあえず、始めてみました。気になるものをビジュアルブックマークしていこうと思ってます。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



タグリスト

XQ2 touit12 XF60 X-M1 XC16-50 DA35 DA15 K-5 272E DA18-135 Σ10-20 Σ105 F85 Σ50-150 S120 toit12 XC50-230 X-A1 VK50R DA10-17 XF35 X-E1 toiut12 E-E1 DA55-300 Samyang14 AT-X116 5DmarkⅡ Σ20/1.4 X7 samyang12 Σ4.5 EOSM kenko45 DA35 アポラン90 Σ24 X50 MADOKA NEX-5R Sanmyang8 PL6 WG-1 Σ150 172E F300 Σ20 DA21 5D2 Samyang24 S5 VR18-200 Samyang8 DP1x samyang14 WX5 AF60 VR70-300 S95 FA50 Σ17-70os DA16-45 K-x D40 kenko35 VR55-200 Σ18-200 FA31 K200D 52B kenko85 WPi S90 DA18-55 FA35 AF-S18-70 V570 GX8 DX10.5 DX18-55 A09 AT-X124 E-330 istD F70-210 EBC55 VK70R A16 Z2 W5 リケノン45 Σ180 ATX-124 Σ70-300 E550 M40 AF-S80-200 S3 F30 Σ28-200 Σ100-300 Σ70-200 K100D Σ55-200 FA50/1.4 S2 Z3 Σ18-50 FA28 



FC2カウンター



言わずと知れた・・・
言わずと知れた 猫の島
宮城県の田代島へ
B160502 0151 XQ2
(XQ2)

島の猫らしく 漁船をバックに
「あに 見てんだよ?」と睨みをきかせるにゃんこ。

前から行ってみたかった猫の島 田代島
GW中の休みを利用して 行ってきました。





島のお出迎えもにゃんこ
既に人口よりにゃんこの数が上回るとか。
B160502 0087 XQ2
(XQ2)

この微妙な距離感 遠からず近からずが地域猫って感じがしてよろしいかと。
食後のまったりしているところです。
B160502 8120 XM1

島の猫は 流石に人馴れしているから人から逃げることはしないのですが、
じっとして写真を撮らせてくれるチャンスは なかなか無かったです。
B160502 7798 XM1
↑この子は この人はえさをくれる人?と伺っているところ。

↓この子は ゴロンゴロンしながらの グルーミング中
B160502 7928 XM1

コチラを全く気にせず グルーミングに夢中なので
B160502 7940 XM1

シャッターを切りまくっていたら、またもや「あに 見てんだよ?」
B160502 7949 XM1
ご・ごめんなさい。

↓こちらのニャンコは 誰かにエサを貰った後でしょうか。
B160502 8068 XM1
このまま 寝ちゃうんじゃないかと思うほど 動かず、
すっかりまったりモード。こうなると いくらシャッターを切っても大丈夫。

それでも 中には 撮られることを分かっているんじゃないかと
思ってしまうほどのにゃんこもいました。
B160502 7998 XM1

ちょっとそこで止って はいポーズ。
B160502 8032 XM1
(8枚 X-M1+XC16-50)
あ・ありがとうございます。
ごめん エサは持っていないんだ。お礼は ナデナデで許して。
で、撫でる事で癒されるのは自分な訳ですが。

エサを持ち込むのは ちょっと考えないと行けない気もするので
次に行く時には 猫ジャラシでも持っていって 遊んで貰おう。
今回も そうやって猫に遊んで貰っている人もいましたが、
面白いように猫が釣れてました。ちょっと羨ましかったり(爆


2枚目でも分かるように行政も猫目当ての観光客を当て込んで
いるんでしょう。失礼ながら、他にはこれと言って・・・
それにしては お金を落とす仕組みがないような気がする。
限界集落である島に 食堂を開けとか 土産物屋を開け
なんてことを要求するのは無理というか、あればあったで
あまりにも世俗的過ぎると 折角の島の雰囲気が損なわれる
ことになるから ダメなわけで。
それでも訪れる観光客がお金を落として、それが島へ
還元される仕組みを考えなきゃ イカンだろうと思うわけです。

と ちょっと難しいことを考えつつ、単なる観光客である自分は
猫に癒されたのでした。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://delsol1991.blog35.fc2.com/tb.php/645-999c5496